本文へ移動

CSR

CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

旭川市がニューメディアコミュニティ構想「都市保健医療型」のモデル地域指定を受け、当社が設立されてから早四半世紀。
地域にとって、社会にとって有意義な企業であることを目指し、保健・医療・福祉分野の情報化の促進や、情報ネットワークシステムの構築に取り組んでいます。
市民の健康と命を守るためにITができることの可能性を研究し、地域社会に有意義なシステムや仕組みを生み出すことが私たちの目標です。
地域で事業を営み、地域で生活し、企業も人も地域に育まれていきます。だからこそ地域に還元する心、貢献する心を持ち続け、私たちに出来る恩返しを実践しながら、地域に愛され、必要とされる企業を目指してまいります。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

リベライン旭川パークの清掃活動を行ないました

2019-09-17
6月に引き続き旭川市公園緑地協会様のご協力をいただき、リベライン旭川パーク(フラワーランド)の清掃活動を従業員16名で実施しました。
今後も、継続して清掃活動を行い、地域社会へ貢献できるよう取り組んでまいります。

リベライン旭川パークの清掃活動を行ないました

2019-06-15
今年度も旭川市公園緑地協会様のご協力をいただき、リベライン旭川パーク(フラワーランド)の清掃活動を
従業員20名とその家族4名の参加で実施しました。
今後も、継続して清掃活動を行い、地域社会へ貢献できるよう取り組んでまいります。

 旭川おとな食堂様への寄付を行ないました

2018-12-17
昨年度より取り組んでおります、従業員一同から旭川おとな食堂様への寄付活動を行いました。
子どもの居場所となる拠点の活動資金等、子ども支援にお役立ていただければ幸いです。
 
 

リベライン旭川パークの清掃活動を行ないました

2018-10-13
今年度も旭川市公園緑地協会様のご協力をいただき、リベライン旭川パーク(フラワーランド)の清掃活動を従業員22名とその家族2名の参加で実施しました。
 
今後も、継続して清掃活動を行い、地域社会へ貢献できるよう取り組んでまいります。

自立援助ホーム立ち上げへの賛助金を寄付しました

2018-05-25
旭川市を含む道北地域には、まだ自立援助ホームが無く、こういった施設を必要としている、あるいは今後必要になるかも知れない子どもたちの力になりたいという日本労働者協同組合(ワーカーズコープ)連合会センター事業団の趣意に賛同し、今年度の社会貢献活動の一つとして、同団体へ賛助金を寄付しました。
 
自立援助ホーム・・・義務教育終了後15歳から20歳(大学進学の場合は22歳)までで
          何らかの理由で家族からの支援を受けることが出来ない状況にある
          子どもの生活と自立を応援・支える施設
お問い合わせ
0166-26-3833
受付時間 平日9:00~17:00
メールフォームでのお問い合わせはこちら
TOPへ戻る